2009年11月05日

燃費を向上させる運転とは

前にエコドライブについてお話しましたが、実際にどれくらい燃費が上がるとか数字で表われないとなかなか実践する気になれないと思います。
実際にエコドライブ教習を受けた人たちが教習前の運転時と比較したところ、平均で24%、ほとんどの人が20〜30%も燃費が向上していたそうです。
ガソリン代がこれだけ浮くと考えると、大きな数字ですよね。

今、高速料金がいろいろな形で割引され自動車旅行者が多くなっていますが、エコドライブを実践することでガソリン代も安くすることができるのです。
特に旅行では長距離を走ることが多いと思いますので、燃費向上によってかなりの交通費削減になるのではないでしょうか。
では具体的にはどのような運転方法がよいのでしょうか。

まず発進はふんわりと。
自動車の発進時には運転中の3分の1の燃料を消費していると言われます。
つまり発進時の燃料消費量を抑えることがエコドライブの大きなポイントと言えそうです。
しかしふんわりと走り出すことは決してノロノロ走ることではありません。
具体的に説明すると、発進時にはブレーキペダルから足を離したらクリープ現象を利用して一呼吸置いてからアクセルに足を置きます。
アクセルは5秒後に20km/hを目安にジワッと踏み込みます。
周囲の車の流れに対し、少し手前の速度に達したらアクセルを少し戻しましょう。
流れに乗って走り出したら、加減速の少ない運転を心がけます。
速度変動を少なくするには、車間距離を上手く使い、ブレーキを踏むのではなくアクセルを離すかたちで減速します。
そして前の車が再び加速をしたら、少しだけアクセルを踏み込むことでまたちょうどよい車間距離が保てます。

エコドライブではスピードを気にするのではなく、速度の変動をなるべく少なくするような運転を心がけます。
ただゆっくり走ることがエコドライブではありません。
周囲の交通の流れを乱すような運転をしていては、運転手だけでなく周りの人へのストレスにもなりかねません。
安全にエコドライブを実践してみてください。
次回の燃費計算が楽しみですね。
posted by 自動車 at 15:27 | TrackBack(0) | 自動車 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エコドライブ

「エコ」という言葉をよく耳にするようになりました。
皆さんは「エコ」と聞くとどんなイメージを持ちますか?
環境保護への取り組み、また節約や経済的、といった「エコロジー」や「エコノミー」という言葉を思い浮かべるかもしれませんね。
物を大切に使えば節約になる上、資源の無駄遣いも減らせて環境を守ることにつながる、エコノミーとエコロジーを合わせた意味合いを持つのが「エコ」という言葉なのでしょう。

自動車業界でもエコカー減税やエコドライブなど、環境に配慮した車や施策が考えられています。
エコドライブについては講習会なども開かれ多くの人が参加し、いかにたくさんの人が「エコ」に関心を持っているのかが伺えます。
環境保護への関心以上に燃費向上への関心が強いと思われますが、さてエコドライブとは一体何を目指した運転方法なのでしょうか。

エコドライブの目的の一つとして、無駄なCO2の排出量を減らして地球環境を守ることが挙げられます。
自動車と自然との共存を目指すのです。
そして次の目的として、運転方法に気を付けてガソリン代を節約し、エコノミーなカーライフを送ることが挙げられます。
余裕を持った運転をしていれば、交通事故なども未然に防ぐことができますね。

まさにエコドライブは現代にマッチした運転方法だと思います。
高速道路のETC利用による料金割引制度が導入され、自動車で旅行をする人が増えたようですが、自動車を運転する人が多いほどエコドライブの重要性が見えてきます。
賢い運転を身に付けて環境への負担を減らし、燃費を上げて家計にもやさしい、そんなエコ旅行をしてみませんか。
posted by 自動車 at 15:27 | TrackBack(0) | 自動車 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドライバー保険について

自動車の運転免許は持っていても、普段の生活に必要がないからと車を所有していない人はたくさんいると思います。
そのような「免許は持っているが車は持っていない」人が、友人の車を借りて自動車旅行に出かけることになった場合、心配なのが何かあった時の保険はどうなっているのか、ということです。

もし旅行中に事故など起こしてしまった場合、一番現実的なのは車の所有者である友人が加入している自動車保険を使わせてもらう方法です。
しかしその保険に家族限定や本人限定などの運転者制限がある場合には注意が必要で、一時的に制限を外してもらい保険料の差額を負担することもできますが、実際は手続きが面倒だとか友人の手間を取らせてしまうことに気が引けるでしょう。
それにもし車を借りている間に事故で友人の保険を使った場合、翌年の保険料がアップしてしまい、友人に悪いと感じることもあるかもしれません。
そんな状況を防ぐために加入しておくと安心なのが、ドライバー保険です。
ドライバー保険は車を持っていなくても運転免許を持っていれば入れる保険で、一時的に車を使う場合に有効です。
ただし家族・親族の車、会社の車、業務車など運転していた車によって保険が適用されないケースもあります。
そのため、例えば家族の車を運転中に事故を起こした場合、自分の加入したドライバー保険ではなく、家族の車の自動車保険を使うことになります。
またドライバー保険には車両保険は入っていないことも頭に入れておきましょう。
posted by 自動車 at 15:27 | TrackBack(0) | 自動車 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。