2009年11月05日

北海道・東北地方の温泉

自動車旅行の目的地として多いのは、やはり温泉ではないでしょうか。
温泉が湧くところはそれほど交通の便が良くない場所が多く、どうしても自動車で出かける方がスムーズになります。
もちろん、バスツアーや最寄り駅まで宿の車が迎えに来てくれる場合もありますので、自動車旅行派でなくても温泉地というのは人気のスポットとなっています。

ここでは高速道路を使って旅行をする人のために、インターチェンジから程近い温泉地を紹介したいと思います。
まずは北海道と東北地域から・・・

●登別温泉
 道央自動車道登別東インターから国道453号をオロフレ峠方面へ6km走ると登別温泉郷に行くことができます。
 泉質は硫黄泉、食塩泉、明礬泉など11種類もあり、全国から温泉ファンが訪れるところです。
●洞爺湖温泉
 道央自動車道虻田洞爺湖インターから国道230号を洞爺湖方面へ5kmのところにあります。
 青い湖面の美しい洞爺湖の湖畔にある温泉で、かつて有珠山の噴火で被害を受けましたが現在は復旧しており、キャンプなどが楽しめるリゾートとしても人気があります。
●花巻温泉
 東北自動車道花巻インターから4.5kmのところにあります。
 趣の異なるいくつかのホテルとバラ園、釜淵の滝などがあり、散策も楽しめます。
●いわき湯本温泉
 常磐自動車道いわき湯本インターから3kmという交通の便も良いところにある温泉です。
 ここで有名なのは時々テレビ番組でも紹介されるスパリゾートハワイアンズでしょうか。
 近代的な設備を備えた旅館が揃っていますが、実は平安時代からの歴史を誇る古湯なのです。
●飯坂温泉
 東北自動車道福島飯坂インターから国道13号を飯坂方面へ4kmのところにある、東北で最大規模を誇る温泉郷です。
 現在、飯坂温泉にあるキャンペーン参加コンビニでETCカードを呈示すると、温泉宿泊券などが当たる三角くじを引けるイベントを開催しているようです。
posted by 自動車 at 15:27 | TrackBack(0) | 自動車 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。