2009年11月05日

高速道路でグルメ

旅行の楽しみのひとつに「その土地の名物やおいしいものを食べる」ことがありますよね。
ここに行くならこれを食べなきゃ、という特産品や、近くのスーパーでも買えるけど産地の採れたてを味わってみたいものなど、せっかく遠くまで出かけるのですからぜひ食べてみたいですね。
そんなグルメ旅を自由にプランニングするのなら、やはり自動車旅行が一番でしょう。
もちろん、地元の特産品とは言え自動車を運転するのですから、地酒や地ビールを味わうのは宿泊する旅館にしてくださいね。
ガイドブックや口コミを見ながら寄りたいところをチェックしてルートを考える、旅行の計画はとても楽しいものです。

遠くへ旅行する場合、高速道路を走る時間が長くなります。
ここではそんな高速道路(東名高速と中央道)で楽しめる、噂のグルメを紹介したいと思います。

東名高速海老名SA下りにある「ぽるとがる」のメロンパンは焼き上がり時間には行列ができる人気の一品です。
外のクッキー生地はサクサク、それでいて中はふわふわ緑色のメロンパンは、テレビ番組でも紹介されましたが、もともと行列を作るようになったきっかけはバスガイドさんの口コミだそうです。
牧之原SA下りには、お茶処らしい緑茶セットがあります。
牧之原で育ったお茶を和菓子とともにいただけ、砂時計を使って丁寧に淹れる本格的なセットです。
次にうなぎで有名な浜名湖SAでは、うな丼にお出しをかけていただく「うな茶セット」がおすすめです。
始めはそのままうな丼としていただき、次は添えられた薬味をかけて味わい、最後は特製のだし汁をかけてお茶漬け風にいただきます。
中央道恵那峡SA下りでは「栗ふく」が有名です。
カステラ風の生地の中には栗あんと丸ごと一個の栗が入っていて、見た目はまん丸の大判焼きといった感じでしょうか。
ツアーバスが休憩に寄ると、多くのお客さんがこの栗ふくを手に持ってバスに戻っていくのを見かけます。
諏訪湖SA下りで週末には100個が完売してしまうと言われるのがチーズアントルメ。
サクサクのタルト生地にクリーミーなチーズが流し込まれ、まろやかでコクのある味わいはチーズケーキ好きにはたまらないでしょう。

なんだか私の好みで甘い物を中心に紹介してしまいましたが、長距離運転の疲れを癒すには甘いものが一番です!
・・・ということで、東名高速、中央道を通るときにはぜひ一度、お試しください。
posted by 自動車 at 15:27 | TrackBack(0) | 自動車 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132095062

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。