2009年11月05日

キャンピングカーでの宿泊場所

自動車で旅行を本格的に楽しむために、キャンピングカーの購入を考えている人もいると思います。
あるいは購入する前にレンタルでキャンピングカーに慣れておこう、という人もいるでしょう。

自分の自動車で旅行すると車中泊できることがメリットとして挙げられますが、「どこでも泊まれる」というのは間違いで、やはり安全面や周囲への迷惑がないかなども考える必要があります。
初心者の人が夜間に車を止めて過ごすなら、やはりオートキャンプ場が安全面や快適さからおすすめできます。
全国にオートキャンプ場はたくさんありますが、設備もまちまちなので事前によく調べて自分の旅行スタイルに合ったところを選ぶようにしましょう。
また、旅館やホテルの駐車場にキャンピングカーを止めて宿泊し、お風呂やレストランはホテルを利用するという「湯YOUパーク」システムも初心者には安心して利用できます。
「湯YOUパーク」ができるホテルや旅館は全国に100件以上あり、それぞれに利用料金や予約方法、利用できる車両のサイズなどが異なります。
インターネットで「湯YOUパーク」を検索すると、パートナー旅館やホテルの詳細を見ることができます。

どんな旅行でもそうですが、公共の場に出かけていくわけですから一般的なマナーは守らなければいけません。
キャンピングカーユーザーの多くは、マナーを守って旅行を楽しんでいることと思います。
しかし中には、24時間使えるのをよいことに高速道路のSAや道の駅などに長時間滞在していたり、ごく一部ではそのような公共の駐車場でキャンプを広げたりしてしまう人もいるそうです。
これではマナーを守って自動車旅行を楽しんでいる人までが公共の駐車場を利用しづらい雰囲気になってしまうでしょう。
公共駐車場の洗面所で調理をしない、電源から電気を盗まない、ゴミの不当投棄はしない、など最低限のマナーを自覚して、楽しく気持ちの良い自動車旅行にしましょう。
posted by 自動車 at 15:27 | TrackBack(0) | 自動車 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。