2009年11月05日

キャンピングカーでの宿泊場所

自動車で旅行を本格的に楽しむために、キャンピングカーの購入を考えている人もいると思います。
あるいは購入する前にレンタルでキャンピングカーに慣れておこう、という人もいるでしょう。

自分の自動車で旅行すると車中泊できることがメリットとして挙げられますが、「どこでも泊まれる」というのは間違いで、やはり安全面や周囲への迷惑がないかなども考える必要があります。
初心者の人が夜間に車を止めて過ごすなら、やはりオートキャンプ場が安全面や快適さからおすすめできます。
全国にオートキャンプ場はたくさんありますが、設備もまちまちなので事前によく調べて自分の旅行スタイルに合ったところを選ぶようにしましょう。
また、旅館やホテルの駐車場にキャンピングカーを止めて宿泊し、お風呂やレストランはホテルを利用するという「湯YOUパーク」システムも初心者には安心して利用できます。
「湯YOUパーク」ができるホテルや旅館は全国に100件以上あり、それぞれに利用料金や予約方法、利用できる車両のサイズなどが異なります。
インターネットで「湯YOUパーク」を検索すると、パートナー旅館やホテルの詳細を見ることができます。

どんな旅行でもそうですが、公共の場に出かけていくわけですから一般的なマナーは守らなければいけません。
キャンピングカーユーザーの多くは、マナーを守って旅行を楽しんでいることと思います。
しかし中には、24時間使えるのをよいことに高速道路のSAや道の駅などに長時間滞在していたり、ごく一部ではそのような公共の駐車場でキャンプを広げたりしてしまう人もいるそうです。
これではマナーを守って自動車旅行を楽しんでいる人までが公共の駐車場を利用しづらい雰囲気になってしまうでしょう。
公共駐車場の洗面所で調理をしない、電源から電気を盗まない、ゴミの不当投棄はしない、など最低限のマナーを自覚して、楽しく気持ちの良い自動車旅行にしましょう。
posted by 自動車 at 15:27 | TrackBack(0) | 自動車 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャンピングカーのレンタルについて

自動車旅行のメリットのひとつに車中泊ができる、という点がありますが、この車中泊をより快適にしたものにキャンピングカーがあります。
特にアウトドア派の人にとってはキャンピングカーでの旅行は憧れかもしれません。
旅行先で気に入った景色を庭に見立てて、自動車は別荘に早変わり、本当に素敵です。
でもキャンピングカーは高そうだし運転も難しそう、とキャンピングカーでの旅をあきらめてしまう前に、レンタルという方法もあることをここでお話したいと思います。

まず気になるレンタル料金は一泊二日で2〜3万円台といったところで、普通のレンタカーと比較すると少々高めですが、装備されているものや車中で泊まれることを考えると納得の値段ではないでしょうか。
バンの内部を改造してあるタイプだと運転しやすく、設備の整ったキャンプ場などで過ごす場合は十分かと思います。
トイレやシャワーなどの装備を充実させたタイプのキャンピングカーは運転席の上が突き出たタイプが多く、慣れないと運転しづらいかもしれません。
しかし小さな子どもが一緒の旅行や、あまり設備が整っていないところで泊まる予定なら装備の充実したものを選ぶとよいと思います。

キャンピングカーの中はまるで小さなホテルのように快適ですが、家具などはコンパクト化するためそれほど頑丈には出来ていません。
またガスや電気も無制限にあるわけではありません。
レンタル会社で出発前に説明をよく聞き、注意事項なども頭にいれておきましょう。
また旅先で何かわからないことや不安なことがあったら、レンタル会社にすぐ問い合わせるようにしましょう。
posted by 自動車 at 15:27 | TrackBack(0) | 自動車 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高速道路でグルメ

旅行の楽しみのひとつに「その土地の名物やおいしいものを食べる」ことがありますよね。
ここに行くならこれを食べなきゃ、という特産品や、近くのスーパーでも買えるけど産地の採れたてを味わってみたいものなど、せっかく遠くまで出かけるのですからぜひ食べてみたいですね。
そんなグルメ旅を自由にプランニングするのなら、やはり自動車旅行が一番でしょう。
もちろん、地元の特産品とは言え自動車を運転するのですから、地酒や地ビールを味わうのは宿泊する旅館にしてくださいね。
ガイドブックや口コミを見ながら寄りたいところをチェックしてルートを考える、旅行の計画はとても楽しいものです。

遠くへ旅行する場合、高速道路を走る時間が長くなります。
ここではそんな高速道路(東名高速と中央道)で楽しめる、噂のグルメを紹介したいと思います。

東名高速海老名SA下りにある「ぽるとがる」のメロンパンは焼き上がり時間には行列ができる人気の一品です。
外のクッキー生地はサクサク、それでいて中はふわふわ緑色のメロンパンは、テレビ番組でも紹介されましたが、もともと行列を作るようになったきっかけはバスガイドさんの口コミだそうです。
牧之原SA下りには、お茶処らしい緑茶セットがあります。
牧之原で育ったお茶を和菓子とともにいただけ、砂時計を使って丁寧に淹れる本格的なセットです。
次にうなぎで有名な浜名湖SAでは、うな丼にお出しをかけていただく「うな茶セット」がおすすめです。
始めはそのままうな丼としていただき、次は添えられた薬味をかけて味わい、最後は特製のだし汁をかけてお茶漬け風にいただきます。
中央道恵那峡SA下りでは「栗ふく」が有名です。
カステラ風の生地の中には栗あんと丸ごと一個の栗が入っていて、見た目はまん丸の大判焼きといった感じでしょうか。
ツアーバスが休憩に寄ると、多くのお客さんがこの栗ふくを手に持ってバスに戻っていくのを見かけます。
諏訪湖SA下りで週末には100個が完売してしまうと言われるのがチーズアントルメ。
サクサクのタルト生地にクリーミーなチーズが流し込まれ、まろやかでコクのある味わいはチーズケーキ好きにはたまらないでしょう。

なんだか私の好みで甘い物を中心に紹介してしまいましたが、長距離運転の疲れを癒すには甘いものが一番です!
・・・ということで、東名高速、中央道を通るときにはぜひ一度、お試しください。
posted by 自動車 at 15:27 | TrackBack(0) | 自動車 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。