2009年11月05日

近畿・中国・四国地方の温泉

橋や道路の建設技術が発達し、かつてはフェリーを利用して行くしかなかったところへも、自動車を運転したまま行けるようになりました。
目的地までの所要時間もどんどん短縮され、自動車旅行がますます快適になってきているようです。

ここでは近畿地方、中国地方、そして道路の発達のおかげで自動車でも渡りやすくなった四国地方にある温泉を紹介します。
今度、自動車で温泉旅行にでも行きたいなぁと考えている人の参考にしていただけると嬉しいです。

●有馬温泉
 中国自動車道西宮北インターから5kmで行ける有馬温泉は、長い歴史を持つ関西屈指の温泉地です。
 あちこちに源泉が見られ、湯煙が絶えず立ちのぼる様子はまさに温泉情緒というべき光景です。
 有馬温泉まで来たら、ぜひ六甲山へドライブをして神戸の夜景も楽しんでください。
●皆生温泉
 米子自動車道米子インターから境港市方面へ5kmのところにあります。
 海水から湧き出た温泉であるため、塩分が豊富で美容と健康に効果抜群と言われています。
 皆生温泉海岸はとてもきれいで子ども連れにも安心して海水浴が楽しめます。
●玉造温泉
 山陰自動車道松江玉造インターより出雲市方面へ5kmのところにある玉造(たまつくり)温泉。
 特産品のメノウで勾玉を造っていたことに由来して「玉造」の名前があるそうです。
 その名の通り、一度入るときれいになり、もう一度入ると病気が治ると謳われた温泉です。
●道後温泉
 四国の温泉、そして松山と聞けば小説「坊ちゃん」で有名な道後温泉が浮かんでくるのではないでしょうか。
 松山自動車道松山インターを下りて国道33号を松山市方面へ9km走ると、今や道後温泉のシンボルとなった道後温泉本館があります。
 百年前に建てられた本館は、昔の風格をそのままに、レトロな雰囲気を醸して佇んでいます。
posted by 自動車 at 15:27 | TrackBack(0) | 自動車 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東海・北陸地方の温泉

不景気の影響か、格安という言葉につい目が行ってしまう今日この頃。
旅行もできれば安くお値打ちに行けたらいいですよね。
東海・北陸地域の温泉地には「湯快リゾート」という365日7800円で宿泊できるお値打ちな温泉ホテルが何軒かあります。
格安旅行を目指すなら、こんなお値打ちの宿を予約したり高速道路のETC割引を利用したり、なんとか旅費を浮かせたいものです。

ここでは東海・北陸地方にある温泉地を紹介します。
インターチェンジから近い温泉を紹介しますので、自動車の運転が好きな人はぜひETC休日特別割引などを利用して出かけてみてくださいね。

●長島温泉
 伊勢湾岸自動車道の湾岸長島インターを降りるとすぐ、自動車で5分も走らないうちにホテル、遊園地、アウトレットなどが一堂に会したナガシマリゾートに到着します。
 ジャンボ海水プールもあり、大人から子どもまでまるっと1日遊べるレジャー施設になっています。
 「湯あみの島」では日帰りでも大露天風呂が楽しめます。
●片山津温泉
 北陸自動車道片山津インターから3kmのところにある温泉地です。
 ライトアップされた浮桟橋を歩いた先には新名所の「うきうき弁天」があり、また近くには足湯を楽しめる公園もあり、浴衣でのんびりと散策できる温泉地です。
●山代温泉
 1300年余りの歴史を持つと言われる温泉です。
 北陸自動車道加賀インターから山中方面へ10km、または片山津インターからも一般道を通って山中方面へ10kmのところに位置しています。
 歴史ある温泉の町ならではの文化の香りを感じつつ、街を散策するのも楽しいものです。
●芦原温泉
 北陸自動車道金津インターから芦原温泉・東尋坊方面へ6km、日本海沿岸の温泉です。
 花菖蒲祭り、大花火大会など季節ごとにいろいろなイベントを行なっているので、ホームページで日程を確認して旅行のプランを立てるとよいでしょう。
posted by 自動車 at 15:27 | TrackBack(0) | 自動車 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関東・甲信越地方の温泉

ETCが普及し、時間帯割引や休日特別割引を使ってお得に高速道路を走って自動車旅行に出かける人が増えています。
高速道路は信号も無く普通に走っていればハンドルをきることもほとんどないので、運転がらくだと言う人が多いようです。
目的地が高速道路のインターチェンジから近ければ、より運転手の負担も少なく旅行を楽しめるのではないでしょうか。
ここでは、関東・甲信越にある高速のインターから近い温泉をいくつか紹介します。

●湯沢温泉
 「トンネルを抜けるとそこは・・・」の名作「雪国」の舞台となったことでも知られる温泉です。
 関越自動車道湯沢インターから2kmという便のよさです。
 温泉だけでなく釣りやゴルフ、スキーなども楽しめる一大観光地です。
●赤倉温泉
 上信越自動車道妙高高原インターから7kmのところにある赤倉温泉は、スキー目的の利用者が多い温泉地です。
 立ち寄り湯には30〜40人が入れるほどスケールの大きな野天温泉「滝の湯」がおすすめです。
 残念ながら冬季は休業しているのでスキーに来た人は利用できませんが、自動車を長距離運転してきた疲れを癒すにはよいところです。
 料金は800円、7月〜9月中旬は1000円になります。
●昼神温泉
 山に囲まれた静かな昼神温泉は、中央自動車道園原インターから6kmのところにあります。
 気をつけたいのが、この園原インターチェンジはいわゆるハーフインターチェンジで、名古屋方面から来て下り、また名古屋方面に向かうために上ることしかできません。
 東京方面から来る場合は、ひとつ手前の飯田インターチェンジで下ります。
 飯田インターから昼神温泉へのアクセスは、国道153号、256号を愛知方面へ10kmとなります。
●浅間温泉
 北アルプスを一望できる松本市にあり、アクセスは長野自動車道松本インターより国道158号を松本方面へ7kmとなります。
 外湯にはホットプラザ浅間がありますが、現在はリニューアルのためお休みしています。
 7月に再開する予定だそうです。
posted by 自動車 at 15:27 | TrackBack(0) | 自動車 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。