2009年11月05日

北海道・東北地方の温泉

自動車旅行の目的地として多いのは、やはり温泉ではないでしょうか。
温泉が湧くところはそれほど交通の便が良くない場所が多く、どうしても自動車で出かける方がスムーズになります。
もちろん、バスツアーや最寄り駅まで宿の車が迎えに来てくれる場合もありますので、自動車旅行派でなくても温泉地というのは人気のスポットとなっています。

ここでは高速道路を使って旅行をする人のために、インターチェンジから程近い温泉地を紹介したいと思います。
まずは北海道と東北地域から・・・

●登別温泉
 道央自動車道登別東インターから国道453号をオロフレ峠方面へ6km走ると登別温泉郷に行くことができます。
 泉質は硫黄泉、食塩泉、明礬泉など11種類もあり、全国から温泉ファンが訪れるところです。
●洞爺湖温泉
 道央自動車道虻田洞爺湖インターから国道230号を洞爺湖方面へ5kmのところにあります。
 青い湖面の美しい洞爺湖の湖畔にある温泉で、かつて有珠山の噴火で被害を受けましたが現在は復旧しており、キャンプなどが楽しめるリゾートとしても人気があります。
●花巻温泉
 東北自動車道花巻インターから4.5kmのところにあります。
 趣の異なるいくつかのホテルとバラ園、釜淵の滝などがあり、散策も楽しめます。
●いわき湯本温泉
 常磐自動車道いわき湯本インターから3kmという交通の便も良いところにある温泉です。
 ここで有名なのは時々テレビ番組でも紹介されるスパリゾートハワイアンズでしょうか。
 近代的な設備を備えた旅館が揃っていますが、実は平安時代からの歴史を誇る古湯なのです。
●飯坂温泉
 東北自動車道福島飯坂インターから国道13号を飯坂方面へ4kmのところにある、東北で最大規模を誇る温泉郷です。
 現在、飯坂温泉にあるキャンペーン参加コンビニでETCカードを呈示すると、温泉宿泊券などが当たる三角くじを引けるイベントを開催しているようです。
posted by 自動車 at 15:27 | TrackBack(0) | 自動車 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

道の駅

自動車旅行で走るのは、高速道路だけではありません。
いくらETC利用の休日特別割引制度が始まったとは言え、旅行の目的地まですべて高速道路で行けるということはほとんどないでしょう。
もちろん高速インターから程近い場所にある観光地などは行きやすくて人気がありますが、一般道をのんびり走って行く旅行もまた楽しいものです。

そんな一般道を利用した自動車旅行に役立つのが「道の駅」です。
道の駅には24時間利用可能な駐車場やトイレが備わっており、ドライバーや観光客の快適な休憩施設として利用されています。
その地域の文化や情報を提供したり、地元の農産物を販売していたりその土地の名物を食べさせてくれたりと、地域色の濃い場となっています。

イメージとしては高速道路にあるSA・PAと同じですが、道の駅はより地域密着型で地元の人の手作り品がお土産屋さんに並んだりしています。
沿道にある名所の案内をしていたり、そばうちなどの体験ができたり、温泉に入れる道の駅もあります。
現在、全国に800以上の道の駅があり、まだまだ増加すると思われます。
道の駅ガイドブックなども販売されているので、旅行の計画に道の駅を盛り込むことが楽しみのひとつになるでしょう。

また時々各地の道の駅ではスタンプラリーも開催されていて、地元特産品を当てるという楽しみもついでに付いてきます。
道の駅総合サイトを見てみると、道の駅を巡るモデルドライブコースなども紹介されていますので、旅行のプランの参考にしてはいかがでしょう。
「道の駅」をめぐるという目的の旅行も楽しそうですね。
posted by 自動車 at 15:27 | TrackBack(0) | 自動車 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その他のハイウェイオアシス

最近の高速道路は単なる自動車旅行の移動手段ではなく、高速道路で過ごす時間さえも楽しんでしまおうという施設がたくさんあります。
全国各地にあるハイウェイオアシスがよい例で、そこを目的に訪れる人もいるほどです。
ここではそんなハイウェイオアシスをいくつか紹介したいと思います。
素通りすると後悔してしまうような場所もありますよ。

●佐久平ハイウェイオアシス「パラダ」(上信越自動車道)
 なんとここには高速道路から降りずに行けるスキー場があるのです。
 高速道路から直結したゲレンデは、日本でここだけのようです。
 もちろん冬以外の季節にも楽しめるようなアスレチックや自然体験、季節ごとの様々なイベントも行なっていて、いつ行っても家族で楽しむことができます。
 レストランではバイキングも開催されているようですよ。
 旅行途中の腹ごしらえにいかがですか?
●徳光ハイウェイオアシス「コースタル・オアシスまっとう車遊館」(北陸自動車道)
 こちらは70以上の店舗が入るショッピングモールに直結しているオアシスです。
 広い海浜公園が隣接され、海水浴場や露天風呂のある大規模な温泉施設もあります。
 1日かけて遊びたいところです。
●砂川ハイウェイオアシス「オアシス館」(道央自動車道)
 「北海道子どもの国」が隣接していて、フィールドアスレチックやキャンプが楽しめます。
 またカニ直売コーナーやジンギスカンをいただけるレストランもあり、北海道の味覚を堪能できるパークとも言えるでしょう。
●吉野川ハイウェイオアシス「吉野川ふれあい館」(徳島自動車道)
 ふれあい動物園、岩つつじ園など散策スポットがあり、また川沿いにあるためドライブ途中にせせらぎに触れ合うなど自然を満喫できる施設です。
 「美濃田の湯」で露天風呂やサウナに入ってリフレッシュするのもいいですね。

それぞれのハイウェイオアシスでは期間限定のイベントやメニューなどもありますので、最新情報を調べてからお出かけくださいね。
posted by 自動車 at 15:27 | TrackBack(0) | 自動車 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。