2009年11月05日

刈谷ハイウェイオアシス

伊勢湾岸自動車道を走っていると、豊田南インターと豊明インターの間に大きな観覧車が見えてきます。
近くに高い建物もないため、高さ60mもあるこの観覧車がより際立って見えます。
「観覧車の他には何があるんだろう?寄ってみようか」そう言って刈谷ハイウェイオアシスに入った人もいると思います。

刈谷ハイウェイオアシスは高速道路からはもちろん、一般道からの来客もとても多いところで、いつもたくさんの人でにぎわっています。
高速道路から見える観覧車はもちろんのこと、刈谷ハイウェイオアシスで有名なのは「デラックストイレ」ではないでしょうか。
トイレ内に入って行くと、個室の扉がズラッと並ぶ間にソファが置かれ「ここは試着室?」と思わせるような雰囲気があります。
タイル張りの一般的なトイレとはまったく違ったシックなイメージのトイレなのです。
一度言ってみる価値ありです。
ちなみにこれは女性トイレの話で、男性トイレにもソファが置いてあるかどうかは入ったことがないのでわかりません・・・

他には愛知県で有名なえびせん屋さんがあり、お土産を買い求める人でいつもごった返しています。
人気の理由のひとつに、ほとんどの商品に試食がついていることがあります。
オーソドックスなえびせんべいからえびせんかりんとう、ガーリックマヨ味、など変わりダネもありますので、試食してから買えるのが嬉しいですね。
食事をするところや地元の食材を買える市場も充実していて、近所から徒歩や自転車で訪れる人も少なくありません。
ゴーカートやメリーゴーランド、たくさんの遊具がある公園も併設されていますので、家族連れでも楽しめます。
また「かきつばたの湯」という温泉施設もあります。
建物の入口には100円で足湯も体験できますので、自動車の運転で疲れた体を癒せますね。

自動車旅行の途中に立ち寄る人はそんなにゆっくりしていられないかもしれませんが、なかなか旅行の目的地として行くことのない地域だからこそ、ちょっとした思い出を作って行ってほしいものです。
posted by 自動車 at 15:27 | TrackBack(0) | 自動車 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富士川ハイウェイオアシス

前にお話しましたハイウェイオアシスですが、皆さんは旅行の途中にでも立ち寄ったことはありますか?
自動車旅行をより充実させてくれるハイウェイオアシスの中で、ここでは東名高速の富士川SAから行くことができる富士川楽座を紹介します。

富士川SAを利用したことがある人は、別棟で大きく「富士川楽座」と書かれた建物を見たことがあるでしょう。
SAの駐車場からパッと見た感じでは分かりづらいのですが、富士川楽座は5階建ての建物でSA側の入口は3階部分にあたります。
楽座という名前から、何か劇でも見る施設かなと思われるかもしれませんがそうではありません。
館内にある「わいわい劇場」では、ドームスクリーンに映し出される様々な番組を楽しむことができます。
自然環境をテーマにした番組や、子どもの大好きなしまじろうの番組も上映されていますので、子ども連れの人にはおすすめです。
他には工作や実験、スタンプラリーなどエコに関する学習や体験ができる「どんぶら」という体験館もあります。
「わいわい劇場」「どんぶら」ともに入館料が大人600円、子ども300円となります。
また富士山の水を使ったドリンクとケーキがいただけるカフェがあり、和洋中の食事が楽しめる食堂やマクドナルドも入っていますので、自動車の運転に疲れた大人のお腹も満足させてくれるでしょう。
子どもから大人まで幅広く楽しむことができる施設と言えます。
テイクアウトのジェラートなどもありますので、ゆっくり遊んでいる時間がない、という人でもぜひ立ち寄ってみて欲しい施設です。
ちなみにわくわく劇場、どんぶらは火曜定休になっていますので、お出かけ前には確認をしてくださいね。
posted by 自動車 at 15:27 | TrackBack(0) | 自動車 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハイウェイオアシスの魅力

ETCを利用している人なら休日に高速道路を使うと1000円でどこまでも行けてしまう(大都市近郊区間など別計算になる部分もありますが)休日特別割引が始まり、自動車で旅行に出かける人が増えてきたように思います。
これまで旅行で高速道路は使わないという主義だった人も、この割引を機会に「たまには高速道路に乗ってみようか」なんていう気分にもなったかもしれませんね。

高速道路を走っているとき、必ずと言ってよいほど利用するのがSAやPAなどの休憩施設です。
トイレに寄りたい、ちょっとお腹が空いたから何か食べたい、交通情報を調べたい、お土産を購入したい、ガソリンの補給をしたいなど、自動車で長距離を運転する人の様々なニーズに応えてくれる施設です。
トイレと自動販売機だけの簡単なところから、大きなレストランや散策スペースがあるところ、中には入浴施設や宿泊施設があるSAもあります。
高速道路を使って旅行を計画する場合は、どのSAにどんな施設があるのか予め確認してから出かけると、安心&楽しい旅行になると思います。

ところで最近、SAやPAのほかにハイウェイオアシスという看板を見かけるようになりましたよね。
高速道路を走っていてもありますし、一般道でもその看板を見かけます。
さて、SA・PAとハイウェイオアシスは何が違うのでしょうか。

簡単に言うと、SA・PAと道の駅を合体させたのがハイウェイオアシスとなります。
どちらも長距離ドライブ中の憩いの場となる施設ですが、ハイウェイオアシスは高速道路と一般道のどちらからもアプローチできるという特徴があります。
買う、食べる、休む、見る、楽しむ、と単なる休憩施設のスケールを超えた新しいタイプの施設です。
SA・PAに比べ地元色が濃いのも特徴で、市場があるところや地元の自然をテーマにした参加体験館があるオアシスもあります。
各地のハイウェイオアシスを調べてみると、そこを目的地にして行ってみたい場所も結構あります。
自動車旅行の通過点でしかなかった高速道路の利用価値が変わってくるかもしれませんよ。
posted by 自動車 at 15:27 | TrackBack(0) | 自動車 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。